森沢のまったり日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ネコリスのダンス

<<   作成日時 : 2009/07/14 20:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

注:一部、発言の順番を入れ替えている等の編集をしています。



森沢:芝村さん、こんばんは。生活ゲームの時間になりましたので参りました。
森沢:どうぞ宜しくお願いいたします。

芝村:記事どうぞ
芝村:イベント選択も

森沢:【予約者の名前】04-00092-01:森沢:海法よけ藩国
【実施予定日時】2009年7月2日/21時〜22時
【ゲーム実施時間】20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】・ドラグーン・マイト:藩国非滞在:10マイル・中ネコリス:藩国滞在:0マイル
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計43マイル
【参加者:負担するマイル】・04-00092-01:森沢:-43マイル:入学済

森沢:ドラグーン・マイトさんに、まず今までのご尽力へのお礼を申し上げようと思います。そして、ドラグーンさんが中ネコリスさんと意思疎通が可能でいらして、かつご承諾がいただければ、一緒に会いに行って、先日お送りした手紙へのお返事があれば聞いてみたいと思います。

森沢:ドラグーンさん若しくは中ネコリスさんのご承諾をいただけない、または何か危険なことがおこる可能性があれば、 ドラグーンさんとゆっくりお話しできればと思います。
森沢:宜しくお願いいたします。

芝村:はい。
芝村:2分待ってね

森沢:はい、お願いいたします。


芝村:/*/



芝村:ここはよけ。草原の国だ。

芝村:爽やかな風が吹いている

森沢:ゆっくりとあたりを見回します。

森沢:「この間は、一面の砂漠でした…」

芝村:遠くにドラグゥーンが見える

森沢:小走りに、ドラグゥーンさんの元に行きます。

森沢:「こんにちは」

芝村:ドラグゥーンは頭をさげた

森沢:前にたどり着いたら、改めて、深くお辞儀をします。

森沢:「いらしてくださって、ありがとうございます」
森沢:「まだ、森国の姿をとりもどすには足りませんが、ドラグゥーンさんや他の沢山の皆様のおかげで、ここまで国の緑は戻りました」

芝村:ドラグゥーン:「ええ。おどろくほど、回復しました」

森沢:「影で、色々な方々が、お力を貸してくださったと聞いています。本当にどんなにお礼をいっても足りません」
森沢:「でも、まず、私は、ドラグゥーンさんに、お礼を言いたくて」
森沢:「なんの見返りもなく、ご厚意で何度も国に足を運んでくださって、ご教示や、護衛や…」

芝村:ドラグゥーン:「いえ・・・私は、世捨て人で、まあ世捨て人と言ってる時点でそうではないが・・・まあ、やることもないので」

森沢:「いいえ、世を捨てていらっしゃるなら、世の危機をも見捨てていらっしゃるはずです」
森沢:「本当に、ありがとうございました」

芝村:ドラグゥーンは頭を下げた。

芝村:ドラグゥーン:「今日は曇りですな」

森沢:「曇りでしたら、ネコリスさん達を、自分の影で驚かすこともありませんね」

森沢:思い出して、にっこり微笑みます。

森沢:「そして、お礼を申し上げた口で、またお願いをしてしまうのですが」
森沢:「もし、もしよろしければ」

芝村:ドラグゥーン:「はい」

森沢:「一緒に、中ネコリスさんに、会いに行ってはいただけないでしょうか?」

芝村:ドラグゥーン:「はい」

森沢:「よろしいのですか? その、ドラグゥーンさんの意に染まぬ事は、していただきたくないのですが…」

芝村:ドラグゥーン:「……今は邪魔されていません。ですからきっと」

芝村:ドラグゥーンは考えている

芝村:ドラグゥーン:「大丈夫だと、思います。試してみる価値はある」

森沢:「ありがとうございます」
森沢:「危険はあるのですね」

芝村:ドラグゥーン:「兵器ですから」

森沢:「お聞きして宜しいでしょうか? 邪魔されている、というのは、どなたかの意志が働いているのでしょうか? それとも中ネコリスさんのご意志でしょうか?」
森沢:「今は、ということは、以前は邪魔をされていたということですから…」

芝村:ドラグゥーン:「自身の意思、ですよ。我々が命じたものではなく・・・」
芝村:ドラグゥーン:「あるいは古代人かもしれませんが」

森沢:「わかりました」

森沢:頷きます。

森沢:「では、中ネコリスさんに会いに行きたいとおもいます。どうか宜しくお願いいたします」

芝村:ドラグゥーン:「とはいえ、様子を見ねば、どうなっているかも、分かりません。はい」

芝村:ドラグゥーンは静かに歩き出した

森沢:「どうか、私が、まずいことをしそうでしたら、お願いします、強引にでも止めてくださいませ」

森沢:頭を下げて、ドラグゥーンさんの後について歩きます。

芝村:植林している場所に着いた。

芝村:カマキリが陽気に木々を植えている

森沢:r:カマキリさんの禁忌に触れない言動を心がけます。
森沢:ゆっくりと、視界に入るように、近づきます

森沢:「こんにちは」

芝村:カマキリ:「こんにちは」

森沢:「ほんとうに、お力添えいただいて、ありがとうございます」
森沢:「近頃、変わったことはありませんか? また、お困りの点はありませんでしょうか?」

芝村:カマキリ:「最近は妨害を受けることもなく、作業は順調です」

森沢:「ありがとうございます」

森沢:頭を下げて、ドラグゥーンさんを見上げます

芝村:ドラグゥーン:「死んだのか、いなくなったのか。茂みを探してみましょう」

森沢:「はい」

森沢:「カマキリさん、本当にありがとうございます。私たちも、自分たちの出来る事を精一杯やって、国を建て直そうと思います」

森沢:もう一度カマキリさんに頭を下げて、茂みの方に向かいます。

芝村:カマキリ:「はあい」

芝村:ドラグゥーンは茂みを見ている。
芝村:3mほどのおおきさだ

森沢:「3mほどの大きさ…以前中ネコリスさんを拝見したときには、この茂みの倍くらいの大きさはあったような気がしましたが…」
森沢:「この中に、中ネコリスさんの気配が…?」

芝村:ドラグゥーン:「これくらいの大きさの茂みしかないんですよ。この国には」

芝村:ドラグゥーンは笑った。

森沢:「ああ、なるほど!」

森沢:恥ずかしげに、こちらも笑います。

森沢:「これでは、中ネコリスさんも窮屈でいらっしゃるですね…中ネコリスさんのためにも、がんばって森をよみがえらせたいです…」

芝村:ドラグゥーンは遠くの気配を感じている

芝村:ドラグゥーン:「ありはするな。いきましょう」

森沢:「はい」

森沢:ドラグゥーンさんの後ろに寄り添って、静かについていきます

芝村:平原に着いた

芝村:ああ。

芝村:だいぶ小さくなったネコリスがいる

森沢:!!

森沢:「あ…」

芝村:列を作って歩いている

森沢:ドラグゥーンさんにそっと話しかけます

森沢:「あれが、中ネコリスさん…ですか?」
森沢:「それも、沢山いらっしゃる…?」

芝村:ドラグゥーン:「なかの一匹が、そうだと思います」

森沢:じっと観察します。

芝村:家族連れのようだ

森沢:Q:ネコリスさん達の様子は、どうでしょう?楽しげですか?
森沢:それとも、何かにおびえてたりはしていないでしょうか?

芝村:A:なんか踊ってるように見えるね

森沢:#ありがとうございます

森沢:「騎士様、なんだかネコリスさん達は楽しそうです」
森沢:「話しかけたら驚かせてしまうでしょうか。お邪魔したりしたくはないですが…」

芝村:ドラグゥーン:「・・・また、くればいいでしょう」

森沢:「はい!」

森沢:そっと、足下に、ネコリスごはんを置きます。

森沢:小さな声で「気づいたら、少しだけど、食べてね」
森沢:「これからも、あなたたちが安心して暮らせる国になるよう、がんばるから」

芝村:ドラグゥーン:「・・・」

芝村:ドラグゥーンは少し微笑んだ

森沢:「騎士様、本当にありがとうございます。でも、まだまだ私たちの知恵も分別も足りません」

芝村:ドラグゥーン:「・・・・」

森沢:「もし宜しければ…また、騎士様にお会いして、色々お伺いしても…かまいませんか?」

芝村:ドラグゥーン:「ええ」

森沢:「ありがとうございます! そして騎士様のこと、こんなにお世話になっているのに、何も知らなくて…騎士様が甘い物が好きか、どうかさえも」

森沢:ちょっと笑って、ドラグゥーンさんを見上げます。

芝村:ドラグゥーン:「戦いが好きなだけです。隠居はしたいと常々おもっていますが」

芝村:ドラグゥーン:「……平和に生きるといいですな」

森沢:「武人でいらっしゃるのですね」

芝村:ドラグゥーン:「うまれついての退屈で」

森沢:「ほんとうは、引退した騎士様とまったりお茶でも出来ればいいのですが」

森沢:「まだまだ、この世界は、波乱に満ちているようですね」

芝村:ドラグゥーン:「幸いにも。あるいは、残念にも」

芝村:ドラグゥーンはそういうと、どこか寂しそうに笑った。



芝村:/*/

芝村:はい。お疲れ様でした

森沢:ありがとうございました!

芝村:評価は+1+1でした

芝村:秘宝館には1,1で依頼できます。

森沢:ありがとうございます。

森沢:1点お伺いしてもよろしいでしょうか?

芝村:ええ

森沢:中ネコリスさんを含めたネコリスさん達が列を成していたということですが、
森沢:中ネコリスさんを含めて、「ネコリスファミリー」が、国に戻ってきているという解釈で宜しいでしょうか?

芝村:おそらくは

森沢:わかりました、ありがとうございます。
森沢:早く国を建て直さねばと気は焦るのですが、
森沢:なかなか、うまくいかないものですね。

芝村:順番にやるしかないさ

芝村:では解散しましょう。お疲れ様でしたー

森沢:ありがとうございました、お疲れ様でした。

森沢:では、失礼いたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネコリスのダンス 森沢のまったり日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる